ゴールデンウイーク終了ー

いや~ー!やっと日常の生活に戻りました!(あたし仕事、うーちゃん保育園)

去年と比べてだいぶ成長したうーちゃん。前回も書いたように、成長はやっぱ嬉しい(^∇^)
んが!嬉しさには大変さもついてくるんですね・・・
まずさ、とにかくわんぱくになってきたのよ!
んで、声がでかい!ずーたいがでかい!力が強い!言うこと聞かない!

「やっちゃダメ!」

言っても絶対1回じゃやめない、どころか2回3回言ってもやめない。

ダメ!とか、やめて!とか言うのってほんとエネルギー使うし。
もう何がダメなのかもよくわからなくなる始末。
ん?これってほんとにダメなのか?なんであたし注意してんだ?みたいな自問自答の日々。

しかも昼寝が遅くなっちゃって夜なかなか寝ないし。

しかーし!そんな日々も火曜日で終わり!
火曜日の夜、あたしは明日から仕事だわ~い!ってな中、うーちゃんは雲行きが怪しい。

お布団行って横になっても全然寝る気配なし。
あたしが「おやすみ!」って言ったら毛布かぶって声を殺してしくしく・・・

ゆっくり話聞いてみると、やっぱり。

「こわいひとがいるからほいくえんいかない。」
「なにもしてないのにうーちゃんのことおしたりする。」
「おもちゃをとられる。」

うーん・・・
うーちゃん新しい保育園での遊びは好きだし、先生のことも大好きで、いつもニコニコしてるね~。って言われるし、保育園は好きだと思うんだよね・・・
ただ、あたしが仕事に行っちゃうっていう寂しさと、その苦手な子の存在が保育園に行くのを拒ませてるようで。

だから、うーちゃんにハッキリ聞いてみた。

「その子たちのこと、うーちゃんは嫌いなんだよね?」

「うん。きらい。」

うーちゃんもハッキリ答えた。

「じゃあさ、うーちゃんはその子たちのこと嫌い!で、それでいいんじゃないの?」

うーちゃん毛布から顔出して、

「どーゆーこと?」

「同じクラスで、先生たちはみんな仲間、仲良くしよう、って言うかもしれないけど、うーちゃんは嫌なことされてその子たちのこと嫌いなんだから、無理して仲良くなんなくていいんだよ。16人クラスにいて、好きな子もいるでしょ?」

「うん。○○くん。」

「うん。○○くんね。それに先生のことも好きだよね。それなら、好きな子と遊べばいいんだよ。嫌いな子とお話ししなくちゃ、とか、仲良くしなくちゃ、遊ばなくちゃ、って考えると疲れちゃうでしょ?嫌いなんだから無理して近づかなくていいし、関わんなくてもいいよ。そりゃぁ、まだこれから3年間付き合うんだし、どっかで、なんかのきっかけで、あ、この子ってこんないい所もあるんだ、って好きになれれば一番いいけど、今はまだその段階じゃない。まだ入って1ヶ月しかたってないんだもん。ゆっくりでいいんだよ。嫌なことされた時も、やめて!って直接言えなくてもいい。いつかちゃんと言えるようになったらいいけど、今は泣いていいし、やめて!って言えなければ先生に言って、うーちゃんのかわりにその子たちに言ってもらえばいいんだよ。無理しなくていいんだよ。」

うーちゃんちゃーんと目見てお話聞いて、

「うん。」

って言った。

結局寝たのは夜中の23時半。
翌朝どーなるのか心配だったけど、ちゃんと自分で歩いて、いや、むしろ走って保育園に行き、泣かずに「いってらっしゃい。」できました。

うーちゃんの話聞いて、内心では
うちのうーちゃんに何しとんじゃー!!

でもこれからいくらでもこういう事あるだろうし、まだまだ序の口、なんだろうな。


でもとにかくなんでも話しておくれよ!

d0179510_2501762.jpg

[PR]
by piyopiyo1368 | 2014-05-09 02:49 | 保育園3才児